膣ヒアルロン酸注射のセミナー行いました


膣ヒアルロン酸注射のセミナー行いました。


スタッフA 「先生!セミナーするのはいいけど、ブログとかにUPするのは絶対やめてくださいね」
スタッフB 「そうですよ。先生はシミを取ったり、たるみを引き上げてくれる真面目な先生だってイメージで通ってるんだから!」

スタッフたちが口々に私に忠告してくれる。
しかし、私は昔から、人がまだ手を付けていないフロンティアを開拓するのが好きなのだ。
16年前、まだ美容外科と言えば、脂肪吸引や顔面の切る手術が主流だった時代に、レーザーや切らないプチ整形のみの自由診療で開業した時も、周囲からさんざん、普通に保険診療で開業したほうがいい、と言われたものだ。

そもそも膣のヒアルロン酸注射という施術の存在を知ったのは、チュチュ・シュシュといった女性の下半身用化粧品を、咲江レディスクリニックの咲江先生とコラボして開発していた頃で、アメリカのDr. Matlockが施術キットも考案して販売していた。
早速取り寄せて、婦人科医である咲江先生の解剖学的知識と、お顔へのヒアルロン酸注射を日常的に行っている私とで検討して、実際にモニターさんに施術もしてみた。
しかし、どうも結果がぱっとしない。

その後、他の先生たちから色々情報や経験談を聞いて、また、新しいことの好きな常連の患者さんに話をもちかけてモニターになってもらって、だんだんとコツと言うか、施術の意味が分かってきた。
糸でのたるみ引き上げもそうだが、単に施術を見て真似るだけでは、結果が出ない。やはり、メカニズムの理解が重要だ。

膣へのヒアルロン酸注射は、男性が気持ちよくなるためのものではない。
ヒアルロン酸を注射して膣全周を狭くしてやれば、男性は気持ちよくなるだろうと普通は思うが、そうではない。
注射後、男性にはほとんど変化がわからない。
なぜかというと、ヒアルロン酸というのは、柔らかすぎて、男性器への刺激としては弱すぎるからだと思う。
なぜ、膣にヒアルロン酸を注射すると、女性の感度がUPするのか?
解説動画を作ったのでご覧ください。

https://youtu.be/Uw466aY-1MY 
https://youtu.be/Uw466aY-1MY

実際に施術を受けたモニターさんへのインタビュー音声を動画に添えてあります。ただし個人特定を避けるため、トーンが変換されています。
いまはまだ、正規の施術メニューには入れてありません。
そもそもうちのクリニック、しみ取りと糸リフトだけで予約7か月待ちなので、新しいメニュー入れる余地が無いので・・。
どうしても施術を受けてみたいという方は、052-264-0212にお電話ください。
スプリットタンの施術同様、お昼休みの時間を利用して対応させていただきます。
施術代金は、ヒアルロン酸2cc使うので、お顔に準じて9万円です(暫定価格です。変更するかもしれません)。

以下にFAQをまとめてみました。

Q 痛いですか?
A 針が刺さるときに少し痛みを感じる敏感な方もいますが、ほとんどの方はまったく痛みを感じません。

Q 性交はいつから出来ますか?
A 当日から可能です。というよりも、ヒアルロン酸はゆっくりと平坦化し、分解もされていくので、早めの性交がお勧めです。

Q 注射したことは男性に判りますか?
A 男性はほとんど変化を感じないかもしれません。女性は挿入時にヒアルロン酸の存在をはっきりと感じます。

Q 注射した後、ヒアルロン酸が無くなると、性感も弱くなりますか?
A ヒアルロン酸の存在は無くなります。しかし、女性の脳は快感を記憶しますので、ヒアルロン酸が消失したあとも、前よりも感じやすくなると考えられます。

Q 注射するヒアルロン酸は何ccですか?
A 通常2ccです。

Q 注射する場所は膣のどこですか?
A 上壁の、指で押したときに気持ちよさを感じる場所です。GスポットやAスポットと言われています。ここにヒアルロン酸を注射して瘤状に隆起させることで、ペニスが前後に動くときに、GスポットやAスポットが押されて、快感を生じるという理屈です。

Q リスクはありますか?
A 医学文献を調べると、韓国で非医師による施術で、ヒアルロン酸が血管内に注入されて肺梗塞を起こしたという報告があります。ただし、韓国での施術は、膣全体に大量に注射して男性側の快感を増す目的が一般的で、10cc以上注射することが多いようです。主としてアメリカで行われている女性の性感UP目的の2ccの注射による副作用報告はありません。

(2019/06/14記)

切るリフトと「波まくら」


私のブログとしては珍しく、お菓子の紹介をします。南知多銘菓の「波まくら」


なんちゃって、私のブログで、そんな筈がありません。この「波まくら」を使って、たるみの引き上げの解説をしようと思います。
お餅が皮膚、餡がお肉(皮下脂肪など)とイメージしてください。


糸を入れて支えるイメージ。以前鶏皮と腿肉で示したのと同じです。


糸が入っていなければ、餡の重みでお餅は伸びて下がっていきます。頬のたるみに相当します。


さて、ここからが、今回のお話のキモです。
いわゆる「切るリフト」。これは、皮膚にしろ、その下のSMAS筋膜にしろ、引っ張って余剰部分を「切り取る」施術です。


確かに、直後は、ぴんと張ります。


しかし、よーく考えてください。お餅は引っ張られて薄くなります。一方で餡の重さは変わりません。餡を支える力は、以前より弱くなっています。だから、その後時間経過とともに、たるみは進みます。
皮膚だけを切っても、SMAS処理をしても、原理的に同じです。組織が薄くなれば、物理的な支持力は低下します。


これを回避するために、実のところは、餡に当たる皮下脂肪や、時には顎下腺など、可能なものは全て除去します。ここが実は、いわゆる「切るリフトの名人」たちが、黙して決して語らないところだと思います。


欧米人は元々の骨格が綺麗な方が多いので、皮膚やその下のお肉など除去できるものを全て除去してやれば、綺麗な輪郭になります。
しかしそれはあくまで写真上のことです。実際に近くで見ると、骨に皮が直接張り付いているような感じだったりします。
欧米の「切るリフトの名人」たちは、肝心にして部外秘のコツである、「重さを除去する」というポイントを、術式の報告に当たってお茶を濁しているように思います。
そこを汲み取ることなく、真面目な日本人の先生が額面通りの施術をして、結果がうまく出なくて悩んでいます。
以前、日本の「切るリフト」の名人と呼ばれる先生と、シンポジウムでご一緒した際に、「従来のフェイスリフトの術式では限界があるので、最近は大腿筋膜を移植して引き上げる方法を考えている」とおっしゃってました。糸でいいじゃん。
切るリフトに、もっと糸を組み合わせればいいのに。
切るリフトは、組織を切り取る「マイナス」の施術です。糸は支えを加える「プラス」の施術。相容れないものではなく、相互補完性があります。
「溶ける糸」はだめですよ。「溶けない糸」でなければ永続性がないからです。

最近23才の子に糸入れました。スタッフの娘さんです。うちのクリニックでの最年少記録です。


術直後。


術前。横から。


糸のデザイン。


術直後。下がらないようにという予防的効果が高い施術ですから、年齢に関わらず、というか、若ければ若いほど、有用性高い施術です。


上の実験で使った残りの「波まくら」を食べて幸せそうなスタッフたち。「先生、次はケーキで実験お願いします」とのこと。

(2019/06/04記)

スレッドリフトによる若返りの二つのメカニズム

 
糸でたるみが引き上がるメカニズムについての考察を短報にしました。掲載紙はPlastic and Reconstructive Surgery Global Openと言って、まあまあ権威のある雑誌です(→こちら
原文は英語なので日本語訳をこちらにUPしておきます。
=====
スレッドリフトによる若返りの二つのメカニズム
 
スレッドリフトの効果として、外科医が知っておくべき二つの効果がある。一つは図1、2の鶏肉の実験に示されているような純粋に機械的な効果で、糸によって重力負荷を周辺へと分散させる。使用するのが溶けない糸で、適切に挿入されれば、長期的な効果が期待できる。
もう一つは、異物である糸の周囲の繊維化である。糸の種類に関わらず、繊維化は生じるだろう。溶けない糸と同様の長期的な効果がPDOなどの溶ける糸でも観察されるが、それは皮下脂肪組織に繊維組織を増やすことによって肌質を改善するようなものであって、たるみを引き上げるには弱すぎる。
溶ける糸というのは、空気と触れるだけでもその水分を吸収して分解を始める。だから溶ける糸はアルミ製の防湿袋に入れて売られている。加水分解後は、溶ける糸は非常にもろくなって、機械的なリフティング効果を失う。完全に溶け切る以前に糸が断裂するからである。
溶ける糸の欠点は、長期効果が期待できないことに加えて、感染症などの問題が生じた場合に抜けないということである。破損していない溶けない糸であれば、糸を同定して注意深く端から引っ張れば完全に抜くことが出来る。しかし、溶ける糸は組織中でもろくなるので、引っ張って抜こうとすれば千切れてしまう。
深部に残存した糸は完全に溶け切るまで残存し、感染症の治癒を遅らせる。溶ける糸も溶けない糸も、異物という点では同じなので、感染症を引き起こすリスクも違わない。したがって、溶ける糸の感染症のリスクは、溶けない糸よりも高いと言える。さらには、溶ける糸というのは生体ではアレルギーを引き起こすことがある。
多くの外科医がなんとなく溶ける糸は溶けない糸よりも安全と考えていると思うが、よく考え直して欲しい。

Figure 1
鶏肉と皮を用いた頬のたるみのモデル。糸の挿入前。赤線はリフティング効果を際立たせるための補助。


Figure 2
糸の挿入後。赤線はリフティング効果を際立たせるための補助。


=====

これだけでは、つまらない、納得できないという方もいると思うので、判りやすい症例写真もUPしておきます。
8年前、糸を入れる前の写真と、最後に糸を入れてから3年後の写真の対比です。5年の間に3回のスレッドリフト施術を受け、総本数16本です。3年ぶりに追加でいらっしゃったときの写真です(もちろん追加施術前です)。



「純粋に機械的な効果」による長期の引き上げが続いているのが判ると思います。お顔立ちにもよるので、全員がこんな感じに上手くいくというものでもありませんが、とにかく溶けない糸っていうのは、見た目の若さを維持したい方は、早めに入れておいたほうがいいですよ。
さて、私も今年の4月で60才、還暦です。目周りの手術からは手を引きましたが、スレッドリフトの施術も、いつまでやろうか今悩んでいます。一応あと5年、65才くらいまでにしようかと何となく思います。
それまでに何とか、私の技術というかやってることを、後進に伝えたいのですが、ときどき見学にいらっしゃる先生はいるものの、「鶴舞公園クリニックの深谷先生と同じ糸の施術をうちでもやってます!」と大きな声で言ってくれる方がまだいません。ニーズというかお客様はいると思うのですが、なぜだろう?・・
ということで、以前も見学の先生受け入れていましたが、これからの5年はさらに積極的に他院の先生方に「うちの施術を見に来てください」と訴えていきたいと考えます。だって、自分が苦労してものにした技術やノウハウですから、なんとかして、後に残したいじゃないですか。論文はいくつか書きましたが、技術は直接指導でなければ伝わりません。
別に指導料取って儲けようって腹じゃないです。正直、私の人生に必要なお金はもう貯まりました(ていうか、私の場合は親が有難かったので、元々あった)。大してお金遣う人間でもないので、自分の年齢を考えると、これからはむしろ頑張って遣い道を考えなければいけません。社会に還流してこそ、お金は意味があります。お金遣わずに貯金の数字を増やしていくっていうのは、トランプの「7並べ」で8を止めてるようなもので、あまり良い趣味ではありません。
繰り言はさておいて、見学ご希望の先生、052-264-0212までお電話ください。美容外科に勤めていて、これから開業しようという先生なんか良いのじゃないでしょうか?
2019/02/14記)
鶴舞公園クリニック 院長 深谷元継