糸とリポレーザー(頬のたるみ)


(お願い) 次のご予約受付は、12月1日に7ヶ月後の来年7月分となります。毎月1日と2日の午前中でほぼ一ケ月分の予約が埋まってしまいますので、間違いのないようよろしくお願いいたします。また、当日、電話が繋がらないからとクリニックまでお越しくださるお客様もいらっしゃるのですが、公平のために電話予約のみとさせていただきお断りしておりますので誠に恐縮ですが御了解ください。
毎月1日は、スタッフは300件以上のお電話の対応に追われます。「つながらない」とお叱り頂いた方には、本当に済みません。自分も、レストランなどを予約するとき、あまりにも毎回「満席です」と断られると、面白くなくて足が遠のいてしまいますから、本当に恐縮しています。
毎月1日以外の日でも、たまたまキャンセルが出ていれば、そのときお電話頂いた方に御案内いたしますので、どうか懲りずにまたお電話いただきますよう、伏してお願い申し上げます。
また当院にカルテのある方のボトックス・ヒアルロン酸注射などは、お電話頂ければ当日対応できますので御利用下さい。レーザーカーボンピーリングは覚王山の分院でしたら予約に空きがあります(→
こちら)。


糸とリポレーザーの合わせ技です。あさこ先生に施したのと同じようなことで、頬のたるみに対しては良い方法です。
今回、お客様が「目でも顔でも全然出しても構わない」とおっしゃって下さったので、目にモザイクかけずにお見せできます。実際、お綺麗な方ですし、目にモザイクするのはもったいないです。
一年半ほどの間に糸3回、リポレーザー一回施術しました。
最初の糸の施術。アプトス(短い糸)左右4本づつ。上から術前、デザイン、術後です。

 
次に長い糸(エックストーシス)。細かいそばかす状のしみも取っりました(赤い斑点)。


次にスプリングアプトス。横2本通常のアプトスも入れています。


このあと、口横の残り脂肪を、リポレーザーで焼きました。


一回一回の施術の前後を見ると、解る人には解りますが、解らない人にはなかなか効果が解りにくいかもしれません。しかし、この一年半の、一番最初の写真と最後の写真を比べると、下の通りです。これなら、違い解るでしょ?


前から書いていますが、わたしのやってることは、盆栽の枝切りみたいなことです。ひとつひとつの施術の効果は一見わずかですが、お付き合いいただいているうちに、だんだんとその意味が判ってきます。
愛着も生じますよ。いったん自分が手をつけたからには、自分の作品ですからね。生涯にわたって面倒みたいと思います。

・・ただ、最近は、なかなか次のご予約が取れずに、困ってらっしゃる方も多いようで、この点は心苦しい限りです。上の方は、この一年半で4回ご予約取れたわけですが、よほどご予約のお電話頑張られたのだろうと思います。「300回リダイヤルしたけど通じませんでした」と泣きのお電話いただくこともありますが、常連さんも初めての方も、まったく差別はしていません。もうじきまた月初めがやってきますが、本当に申し訳ないのですが、頑張ってお電話してみてください。何かよい解決策ないか、私も頭をひねっているのですが、なかなか思いつきません・・。
(2015/10/27 記)

追記
昨日発売された「週刊ポスト」に、チュチュシュシュ(→こちら)でコラボしている咲江レディスクリニックの丹羽咲江先生の記事が掲載されました。男性週刊誌なので、抵抗ある方も多いかとは思いますが、咲江先生ご自身は、男性に女性の「性」を理解してもらおうと一生懸命で、「あえて火中の栗を拾」おうとしている熱意が感じられる内容です。よろしければご覧になってください。