あさこ先生の若返り大作戦・その2(手のヒアルロン酸)


このブログには、記事別にアクセス数をカウントする機能があるのですが、ここ数か月「あさこ先生の若返り大作戦・その1→こちら」が常に上位を占めています。40才台から一念奮起して50才台にして結果を出しているというところが、多くの女性の共感を呼ぶのでしょう。

最近はあさこ先生、手をヒアルロン酸でふっくらさせることを始めました。
下は、左手(向かって右)にヒアルロン酸打ったところです。術前の写真は間違って消してしまいました(泣)。しかし、反対側の手にはまだ打っていないので、対比で効果がわかると思います。

下の写真は、さらに右手(向かって左)にもヒアルロン酸打ってふっくらさせたところです。左手にもちょっと追加しています。


 
この、手のヒアルロン酸注射、実は10年くらい前に、うちに糸を入れに来たある美容皮膚科の女医さんから「手のヒアルロン酸いいわよ」と教えてもらっていたのですが、その当時はなんだか信用できなくて試みもしませんでした。その後、別の親しい美容皮膚科の女医さんが、私にどうしても手にヒアルロン酸を打ってほしいとおっしゃって、眉唾ながら言われるままに打ってみたところ、けっこういい感じに仕上がったので、ちょっと見直したという経緯の施術です。

その後もその女医さんに、ときどきヒアルロン酸の追加打ちをせがまれるので(他の施術で静脈麻酔かけるので、寝ている間に手のヒアル注もついでにやってほしいというご要望)、結果的に試行錯誤ながらも、手のヒアルロン酸の打ち方のこつを会得しました。あさこ先生がその話を聞いて、私にもぜひ打ってくださいということになりました。

打った後は、意外と腫れないです。ぼこぼこして気になるということもありません。翌日手を使う仕事も普通にできるし、痛みもほとんどないそうです。

難点は、ヒアルロン酸がけっこう大量に要ることです。片手に約3.0ml、両手だと6.0mlは必要です。ですから施術代金としては、両手で20万円になります。それでも、人前に手を出すお仕事で悩んでいる方には朗報だと思いますので、ご希望の方はお申し出ください。
注射時はちょっと痛いと思うので、静脈麻酔あるいは笑気麻酔下に施術します。

☆―――――☆―――――☆―――――☆―――――☆

あさこ先生から、40才台と50才台(最近)の、自撮り写真をご提供いただきました。


 ・・お母さんと娘さんじゃないですよ(笑)。あさこ先生ご本人の40才台と50才台(最近)です。
私は彼女の目周りをぱっちりと整えて、お顔のたるみを糸やリポレーザーで引き上げるというお手伝いもさせていただきましたが、それに加えて、実はあさこ先生ご自身でのダイエットやジムでのトレーニングの効果が大きいです。

私もけっこうメタボなので、これは耳の痛い話なのですが・・、頑張れば人間遅いということはない、子育ても一段落してもう一花咲かせようと思った方は、努力次第であさこ先生の様に変わることも出来る、というお話ですね。

私があさこ先生にやった種々の施術は、彼女自身の努力では出来ない、仕上げ・詰め・画竜点睛みたいな作業です。まぶたや頬のたるみは、ジムで鍛えてもボディのようにはシェイプアップできません。ダイエットすれば、お顔のたるみは強調されて、かえって老け顔になることが多いです。

ボディの自撮り写真をご提供いただきました。

私にはダイエットを語る資格はないので(^^;、秘訣を聞きたい方は、クオール(→こちら)に行って、あさこ先生にレーザーカーボンピーリング受けながらお話し聞いてみてくださいね。

下は、あさこ先生の最近のスタジオ撮影写真。少々自分に酔っている感はありますが、おそらくは地道で大変な努力の結果なのでしょうから、ここは素直に綺麗と認めてあげましょう。
(2015/09/20 記)